忍者ブログ
FJネクスト福利厚生情報に釣られるな。FJネクスト迷惑電話は地獄の亡者のようである。FJネクスト迷惑電話はどこまで行っても救いようがない。FJネクストに関わると心に澱みがヘドロのように蓄積する。FJネクスト勧誘電話営業は人間性が低い。社会に出て貢献できる筈がない。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[08/15 fimdohbcsh]
[08/15 czzttcnaqb]
[08/14 nwhavpdrkg]
[06/20 qpfpfboavz]
プロフィール
HN:
林田力
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フランスのブルターニュ地方の海水を凍結乾燥したもので、無臭・白色である。海水に溶け込んでいるバンオセアン(ミネラルやビタミン等)が高濃度に含んでいる。今、ヨーロッパではバンオセアンを用いて、健康回復や痩身美容などを目的としたタラソテラピーが人気を博している。
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B00428QANC
PerfumeのBcL (Baby cruising Love)は名曲です。#prfm
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B000XYQGN8
交響曲第88番ト長調 Hob.I-88『V字』/シンフォニア ニ長調(序曲)Hob.Ia-7 [DVD]
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/B002MUQ9YW
『東急不動産だまし売り裁判』TPP反対
http://hayariki.zero-yen.com/poli/tpp.html
PR

 和風ファーストフードチェーン「なか卯」(なかう)は季節限定で、冷やし担々うどん(450円)と冷やし小担々うどん(250円)を販売中である。なか卯は「元気になるごはん」の提供をモットーとして掲げ、麺類にも力を入れている点が牛丼主体の吉野家など他の和風ファーストフードと一線を画す。

坦々麺は中国四川省発祥の麺料理で、麺には豚肉のそぼろとネギなどを載せ、タレには四川風の花椒(ホアジャオ)と唐辛子と少量の芝麻醤(チーマージャン)を利かせている。唐辛子の辛味と胡麻のまろやかさが絶妙なコンビネーションとなっている。なか卯の冷やし担々うどんは坦々麺の麺をうどんの冷やし麺とした。
http://www.hayariki.net/cul/food.htm

冷やし麺であるため、ピリっと辛い濃厚タレが冷たい麺に絡み合う。刺激的な辛さと冷たい麺の爽やかさがマッチしている。なか卯のタレの一口目は予想していたほど辛くなかった。ところが、しばらくすると辛さが生じてくる。後から絡みつく辛さである。最初はあまり辛くないので、後から辛くなることを分かっていても食べたくなってしまう。

なか卯では飲み物として冷茶を出し、セルフサービスでお替わりもできる。そのため、辛めのタレでも冷茶を飲むことで満足できる。これがぬるい水しか出さなかったならば、冷やし担々うどんに対する印象も異なっていた筈である。

なか卯では冷やし小担々うどんのようにミニサイズのメニューも用意しており、並のメニューとミニサイズのメニューのセット販売もしている。たとえば牛丼並と冷やし小担々うどん、冷やし担々うどんと牛丼(小)の組み合わせが可能である。少しだけ辛さを味わいたいならば丼物の並と冷やし小担々うどんの組み合わせが向いている。バテ気味で疲れた夏の昼ご飯に食べれば辛味で刺激されて元気になれるメニューである。
http://hayariki.yotsumeyui.com/
忍者
http://profile.ninja.co.jp/hayariki
二子玉川ライズ決済文書の一部非開示で意見陳述
http://www.hayariki.net/109rise.html
 

山口敏太郎祭4~オカルトオタクの逆襲、武蔵野歴女会が乱入予告!!
あの歴女ユニット・武蔵野歴女会が敏太郎まつりに乱入予告!!
 元時代屋の若女将・磯部深雪、ライターの高桐みつちよ、漫画家のみかめゆきよみが自著のPRで参戦決定!
日時)2011年10月14日(金)19時~始発電車
会場)阿佐ヶ谷ロフト
東京都杉並区阿佐谷南1-36-16ーB1
前売り)1500円
当日)2500円
http://hayariki.or-hell.com/Entry/2/
ロフトAの富士宮焼きそば【阿佐ヶ谷】
ロフトAでは、ご当地物の焼きそばを日替わりで提供する。この日の焼きそばは富士宮焼きそばであった。ちょうど前日27日に放送された情報バラエティ番組「シルシルミシル」(テレビ朝日系列)のコーナー「ミルミルオハツ」では富士宮焼きそばを取り上げていた。これもあって記者は迷わず注文した。
富士宮焼きそばは静岡県富士宮市で成立した焼きそばで、B級グルメの祭典B-1グランプリでグランプリを獲得したこともある。東京から芸能人が富士宮市に食べに来るほど名高い存在になっており、町おこしの成功例として紹介されることもある。

富士宮焼きそばの通常の焼きそばとの相違点は大きく2点ある。

第1に削り粉をふりかけていることである。ロフトAの富士宮焼きそばには削り粉が厚くふりかけられており、ご当地物以上に富士宮焼きそばらしさを強調していた。

第2に麺のコシの強さである。通常の焼きそばと比べて硬めの弾力があり、非常に噛み応えがある。値段は800円でロフトAのメニューでは高い部類に入るが、噛み応えがあるお蔭で費用対効果は中々のものであった。阿佐ヶ谷ロフトAが料理面でもサブカルチャーの発信地であることを示すメニューである。

地域情報充実企画「関西あっちゃこっちゃ見・聞・食」に便乗して東京で食べられる関西の味を紹介したい。紹介するのは「よってこや日吉店」である。「よってこや」は京都の屋台の味をコンセプトとしたラーメンのチェーン店である。島原千本という京都出身の頑固職人が屋台で始めた京風ラーメンという設定になっている。

日吉店(横浜市港北区日吉本町)は東急東横線日吉駅西口を出て普通部通りを進んだ先にある。店舗は黒を背景色とした看板が人目を引く。看板には白字の大きな手書き風の文字で「門外不出の屋台の味」と書かれている。

単なるチェーン店ではなく、こだわりのラーメン屋であることを強く自己主張している。日吉にはラーメン屋が多い。慶應義塾大学があるため、学生も多く、ラーメン屋にとって激戦区とも言える。その中でも「よってこや日吉店」は一際目立つ店構えである。

店内は2階まであり、1階はカウンター席、2階はテーブル席である。記者が2008年6月10日の12時過ぎに入店した際は1階席がほとんど埋まっており、2階に案内された。2階の方がゆったりしている感じで、かえって良かった。屋台から出発した店をコンセプトにしているが、季節限定メニューもあり、メニューは豊富である。記者は豚骨ラーメンとご飯のセットを注文した。

コッテリしたスープは豚骨が効いていて美味であった。脂身がのって柔らかいチャーシューもスープとマッチし、口の中でとろける。麺は細く、量も少なめであるが、濃厚なスープを飲み干せば満腹になる。それでいて胃もたれするような濃さはなく、言わば上品なコッテリ感である。スッキリとさえ言える後味で、ご飯も美味しく食べられた。

関西風の味を考えるならば、互いに矛盾する印象が出てくる。一方では「コッテリ」である。他方では関東濃味に対して関西薄味と言われている。「よってこや」のラーメンには両者が止揚された味わいが感じられた。
http://www12.atpages.jp/~hayariki/haya/cul/food.htm

「はちみつきんかんのど飴」(略して「はちきん」)はノーベル製菓(大阪市)の飴である。「はちのすけ」という名前の熊がマスコット・キャラクターで、えなりかずきが「毎日おもしろい」と歌うコマーシャルも放送されている。ノーベル製菓は「はちきん」の他にも、「VC-3000のど飴」や「沖縄シークヮーサーのど飴」など、オーソドックスな商品からユニークな商品まで幅広い飴を生産している。

「はちきん」は平べったい円柱形をした飴である。金柑を連想させる橙色をしている。舐めると、まろやかな味がする。飴の中には蜂蜜にじっくりと漬け込んだ金柑シロップが入っており、最後にはトロっとした甘さを味わえる。

のど飴はハッカなどの成分によって、のどにスーッとするために心地よい。但し、中には刺激が強すぎるものもある。咳き込んでいる時などは刺激的な飴は逆効果になる。その点、まろやかな「はちきん」ならば安心である。のどが敏感な方にも自信を持って推奨できる飴である。

何かを口にしていなければ気が済まないということがある。そのため、お菓子を買って食べることが多い。スナック菓子類は美味しいが、すぐに食べ終わってしまう。食べ終わってしまうと別のものを買いたくなる。この点、飴は舐め終わるまで時間がかかるために経済的である。朝食を食べて「はちきん」を舐め、昼食を食べて、「はちきん」を舐め、夕食を食べて、「はちきん」を舐めという一日を送ることさえある。

できるだけ長く味わい続けるために飴を舐めている。飴を噛んでしまうと、すぐに終わってしまうため、もったいない。だから、噛まないで舐め続けようと努力する。しかし、「はちきん」は内部のシロップが出てくるくらいになると、飴自体が脆くなって、つい噛み砕いてしまう。そのため、全方位から平均的に舐めていき、シロップへの到達が最後になるようにすることで、長く舐め続けることができる。飴一つでも考えて舐めている。
http://hayariki.net/cul/food2.htm
林田力ドラマ
http://hayariki.side-story.net/
林田力オカルト
http://hayariki.or-hell.com/


 

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
忍者ブログ [PR]