忍者ブログ
FJネクスト福利厚生情報に釣られるな。FJネクスト迷惑電話は地獄の亡者のようである。FJネクスト迷惑電話はどこまで行っても救いようがない。FJネクストに関わると心に澱みがヘドロのように蓄積する。FJネクスト勧誘電話営業は人間性が低い。社会に出て貢献できる筈がない。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[08/15 fimdohbcsh]
[08/15 czzttcnaqb]
[08/14 nwhavpdrkg]
[06/20 qpfpfboavz]
プロフィール
HN:
林田力
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロッテ・ビックリマンチョコは記者が小学生の頃に熱中していた菓子である。ビックリマンチョコはチョコレートが挟まれた正方形のウエハースである。当時は僅か30円で購入できた。ビックリマンチョコには、おまけとしてシールが封入されており、記者の目当てはチョコレートよりもシールであった。
記者がシールを集め始めた時期はブームになった「悪魔VS天使シール」より一世代前の「まじゃりんこシール」からである。これは二つのもの(大抵は生物と物品)を結びつけたキャラクターを描いたシールである。
例えば「タコ」と「コーラ」を結び付けた「タコーラ」、「B29」と「クジラ」を結び付けたBニジュウクジラなど、ユニークなキャラクターで面白かった。この「まじゃりんこシール」はキャラクターを公募していた。記者も「学校」と「牛」を結びつけた「ガッコウシ」というキャラクターを出したが採用されなかった。
ビックリマンチョコのおまけシールは1985年から「悪魔VS天使シール」に変わり、大ブームを巻き起こすことになる。これは天使、お守り、悪魔の3種類がある。「悪魔VS天使シール」は天使と悪魔の対決というストーリー性と、ヘッドと呼ばれる希少なプリズム・ホログラムシールの存在が人気の理由である。記者も流行に乗っかったが、お守りのシールが個人的な好みであった。
お守りは天使と悪魔に埋没して影の薄い存在である。ストーリー的には、お守りは悪魔に敗れ、天使に助けを求めるという損な役回りである。しかし、その分、お守りのデザインはヒーローまたは敵役として凝ったところがなく、「まじゃりんこシール」的な可愛さを残していた。
そのお守りは第19弾のシールからなくなってしまった。第18弾までで天使と悪魔の戦いに一旦終止符が打たれ、第19弾から新しいストーリーに入った。ここではお守りに変わり、新しい種族「次代」が登場する。次代は天使と悪魔の和合によって誕生した種族で、天使的な存在もいれば悪魔的な存在もいる。アニメ「新ビックリマン」の主人公のピア・マルコも次代であり、物語上重要な位置を占める。
しかし、重要なキャラクターとして凝り過ぎた結果、かつてのお守りにあったユーモラスさが失われてしまった。その結果、記者のシール収集熱も冷めた。第19弾からのストーリーは過去のストーリーに比べて練られていることは事実である。しかし、子ども心にはストーリーに破綻があっても面白さがあれば満足であった。大人が緻密に構成してしまうと、かえって楽しめなくなってしまう。そのような思いを胸に記者はビックリマンを卒業した。
http://hayariki.net/cul/food3.htm
PR
Comment
name
title
color
e-mail
URL
comment
pass
Trackback
Trackback URL:
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]
忍者ブログ [PR]