忍者ブログ
FJネクスト福利厚生情報に釣られるな。FJネクスト迷惑電話は地獄の亡者のようである。FJネクスト迷惑電話はどこまで行っても救いようがない。FJネクストに関わると心に澱みがヘドロのように蓄積する。FJネクスト勧誘電話営業は人間性が低い。社会に出て貢献できる筈がない。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[08/15 fimdohbcsh]
[08/15 czzttcnaqb]
[08/14 nwhavpdrkg]
[06/20 qpfpfboavz]
プロフィール
HN:
林田力
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 和風ファーストフードチェーン「なか卯」(なかう)は季節限定で、冷やし担々うどん(450円)と冷やし小担々うどん(250円)を販売中である。なか卯は「元気になるごはん」の提供をモットーとして掲げ、麺類にも力を入れている点が牛丼主体の吉野家など他の和風ファーストフードと一線を画す。

坦々麺は中国四川省発祥の麺料理で、麺には豚肉のそぼろとネギなどを載せ、タレには四川風の花椒(ホアジャオ)と唐辛子と少量の芝麻醤(チーマージャン)を利かせている。唐辛子の辛味と胡麻のまろやかさが絶妙なコンビネーションとなっている。なか卯の冷やし担々うどんは坦々麺の麺をうどんの冷やし麺とした。
http://www.hayariki.net/cul/food.htm

冷やし麺であるため、ピリっと辛い濃厚タレが冷たい麺に絡み合う。刺激的な辛さと冷たい麺の爽やかさがマッチしている。なか卯のタレの一口目は予想していたほど辛くなかった。ところが、しばらくすると辛さが生じてくる。後から絡みつく辛さである。最初はあまり辛くないので、後から辛くなることを分かっていても食べたくなってしまう。

なか卯では飲み物として冷茶を出し、セルフサービスでお替わりもできる。そのため、辛めのタレでも冷茶を飲むことで満足できる。これがぬるい水しか出さなかったならば、冷やし担々うどんに対する印象も異なっていた筈である。

なか卯では冷やし小担々うどんのようにミニサイズのメニューも用意しており、並のメニューとミニサイズのメニューのセット販売もしている。たとえば牛丼並と冷やし小担々うどん、冷やし担々うどんと牛丼(小)の組み合わせが可能である。少しだけ辛さを味わいたいならば丼物の並と冷やし小担々うどんの組み合わせが向いている。バテ気味で疲れた夏の昼ご飯に食べれば辛味で刺激されて元気になれるメニューである。
http://hayariki.yotsumeyui.com/
忍者
http://profile.ninja.co.jp/hayariki
二子玉川ライズ決済文書の一部非開示で意見陳述
http://www.hayariki.net/109rise.html
 

PR
Comment
name
title
color
e-mail
URL
comment
pass
Trackback
Trackback URL:
[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12]
忍者ブログ [PR]