忍者ブログ
FJネクスト福利厚生情報に釣られるな。FJネクスト迷惑電話は地獄の亡者のようである。FJネクスト迷惑電話はどこまで行っても救いようがない。FJネクストに関わると心に澱みがヘドロのように蓄積する。FJネクスト勧誘電話営業は人間性が低い。社会に出て貢献できる筈がない。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[08/15 fimdohbcsh]
[08/15 czzttcnaqb]
[08/14 nwhavpdrkg]
[06/20 qpfpfboavz]
プロフィール
HN:
林田力
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ザ・キャピトルホテル東急」(東京都千代田区永田町)でノロウイルスの集団食中毒が発生した。ザ・キャピトルホテル東急の宴会場で2014年4月19日に食事をした22歳から63歳までの64人が、19日から21日かけて下痢や発熱など食中毒の症状を訴えた。性別内訳は男性38人、女性26人である。64人は千代田区内にある建材販売会社の社員で、ホテルで開かれた宴会に参加していた。当時、宴会場では、およそ470人が参加して、立食パーティーが行われていた。

千代田区保健所が調べたところ、患者28人と調理担当の男性従業員1人から急性の胃腸炎を引き起こすノロウイルスが検出された。千代田区はホテルが提供した食事が原因の集団食中毒と断定した。従業員の便からもノロウイルスが検出されたため、従業員経由で食材にウイルスが付着した可能性が高いとみられている。

ザ・キャピトルホテル東急は25日から1階宴会場「鳳凰の間」「桐の間」と和食堂「水簾」の営業を自粛している。食品衛生法第6条(不衛生食品等の販売等の禁止)の規定に違反したとして、1階宴会場「鳳凰の間」「桐の間」と和食堂「水簾」の各厨房に対して、28日から4日間の営業停止処分とした。

食品衛生法第6条は以下のように定める。

***

次に掲げる食品又は添加物は、これを販売し(不特定又は多数の者に授与する販売以外の場合を含む。以下同じ。)、又は販売の用に供するために、採取し、製造し、輸入し、加工し、使用し、調理し、貯蔵し、若しくは陳列してはならない。

一  腐敗し、若しくは変敗したもの又は未熟であるもの。ただし、一般に人の健康を損なうおそれがなく飲食に適すると認められているものは、この限りでない。

二  有毒な、若しくは有害な物質が含まれ、若しくは付着し、又はこれらの疑いがあるもの。ただし、人の健康を損なうおそれがない場合として厚生労働大臣が定める場合においては、この限りでない。

三  病原微生物により汚染され、又はその疑いがあり、人の健康を損なうおそれがあるもの。

四  不潔、異物の混入又は添加その他の事由により、人の健康を損なうおそれがあるもの。

***

「水簾」はザ・キャピトルホテル東急のウェブサイトで「ザ・キャピトルホテル東急の『和のもてなし』を象徴するメインダイニング」と紹介されている。メインダイニングが食中毒のもてなしとなってしまった。ザ・キャピトルホテル東急は首相官邸に近く、政界関係者もよく使うホテルであるが、ノロウイルス集団食中毒事件で信用失墜は免れない。

ザ・キャピトルホテル東急は2013年末に社会問題になった食材偽装もしている。安価なバナメイエビを芝海老、フラワー海老を車海老や大正海老と虚偽表示した(林田力『東急ホテルズ食材偽装』Amazon Kindle)。Twitterでは「このところの「高額ホテル」(もはや“高級”ではない)のモラル劣化が酷過ぎますね。もうホテルに高額を払う行為が馬鹿に思えてくる時代感」とのツイートがあった。

ザ・キャピトルホテル東急の運営主体は株式会社ザ・キャピトルホテル東急である。株式会社ザ・キャピトルホテル東急は株式会社東急ホテルズの100%子会社である。

ノロウイルスだけに東急ホテルズは呪われたホテルとの声も出ている。東急ホテルズが入居予定の東京都世田谷区玉川の二子玉川ライズでは飛び降りがあり、龍神の祟りとの声があった。

ザ・キャピトルホテル東急は総支配人・但馬英俊名義で「レストラン・宴会場の一部営業自粛のお知らせ」を4月24日に発表した。株式会社ザ・キャピトルホテル東急代表取締役・行澤博史と総支配人・但馬英俊の連名で「食中毒事故発生に関するお詫びとお知らせ」を4月28日に発表した。

「食中毒事故発生に関するお詫びとお知らせ」では再発防止に向けて「従業員の教育」などを徹底するとしている。しかし、食材偽装事件でも再発防止策の一番上に「社内教育の徹底」を書いていた(株式会社東急ホテルズ「実際に使用された食材とメニュー表示が異なっていたことに関するお詫びとお知らせ」2013年11月5日)。

東急ホテルズの再発防止策は空虚なスローガンである。それは東急不動産だまし売り裁判における東急リバブル東急不動産の遅すぎたお詫びにも該当する(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』「東急不動産の遅過ぎたお詫び」)。Twitterでは「東急は評判の悪いホテルである。デパートから旅行に到る迄東急は評判が悪い」とツイートされている。

「キャピトルホテル東急で食中毒」NHK 2014年4月28日
「ザ・キャピトルホテル東急でノロウイルスの集団食中毒」フジテレビ系2014年4月28日
「ザ・キャピトルホテル東急でノロウイルス」日本テレビ系2014年4月28日
和田浩幸「<食中毒>キャピトル東急で64人 28人からノロウイルス」毎日新聞2014年4月28日
「ザ・キャピトルホテル東急で食中毒 64人がノロウイルス発症」産経新聞2014年4月28日
「キャピトルホテル東急で64人食中毒…ノロ検出」読売新聞2014年4月28日
「キャピトル東急で食中毒 ノロウイルス検出」日本経済新聞2014年4月28日
「ザ・キャピトルホテル東急でノロウイルス 64名が食中毒」ハザードラボ2014年4月29日
http://hayariki.net/tokyu/hotel.html
PR
Comment
name
title
color
e-mail
URL
comment
pass
[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
忍者ブログ [PR]