忍者ブログ
FJネクスト福利厚生情報に釣られるな。FJネクスト迷惑電話は地獄の亡者のようである。FJネクスト迷惑電話はどこまで行っても救いようがない。FJネクストに関わると心に澱みがヘドロのように蓄積する。FJネクスト勧誘電話営業は人間性が低い。社会に出て貢献できる筈がない。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[08/15 fimdohbcsh]
[08/15 czzttcnaqb]
[08/14 nwhavpdrkg]
[06/20 qpfpfboavz]
プロフィール
HN:
林田力
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

猫井登『お菓子の由来物語』は日本のケーキ店で販売されている菓子の概略を説明した電子書籍である。「お菓子」という抽象度の高い名詞を使用しているが、ターゲットはケーキ菓子らの洋菓子である。「モンブラン」や「チームケーキ」「ティラミス」など有名どころから、「ズッパ・インクルーゼ」「ズコット」などマニアックなものもある。また「ウェディングケーキ」や「クリスマスケーキ」など用途を軸にした紹介もある。

菓子好きは世の中に多いが、その知識が普及しているとは言い難い。ある店では「ショートケーキ」という名前で販売されている菓子が別の店では「フレジエ」になっている。作り手のためのレシピ本は多いが、菓子そのものを説明する本は少ない。あるとしても年代別・地域別で体系化されており、単純に菓子が好きという層を満足させるものではない。このような問題意識から本書は執筆された。

本書は基本的に見開き2頁で一つの菓子を写真付きで紹介しており、分かりやすい。菓子の由来の説明がメインになるが、複数説があるものは複数説を紹介する。著者の考えを押し付けるのではなく、知識の共有を目指している。洋菓子はヨーロッパを由来とするが、日本で普及しているものと異なるものも少なくない。菓子の名前自体が和製英語で、原語とは異なるものもある。日本人の口に合うようにアレンジされ、変わっていった経緯を楽しむこともできる。
http://hayariki.net/hayariki1.htm
PR
Comment
name
title
color
e-mail
URL
comment
pass
[28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18]
忍者ブログ [PR]